スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

アンニョヒゲセヨ - 釜山

2日目 2月11日 日曜日 (3/3)

さようなら。
楽しかった釜山の休日も17時を迎え地下鉄で中央洞まで向かい
徒歩で釜山港国際旅客ターミナルへ向かう。



船で釜山に来るときは、来るときも帰るときも必ず通る門
その先にあるのはターミナルビル。



釜山が港町で、世界でも有数のコンテナターミナルということを
思い出させるような風景。
すり鉢上の土地に貼り付くように高層マンションが建ち並ぶ。



釜山港国際旅客ターミナル内。



乗船時刻は20時、でも出港時刻は22時30分なので
出港まで釜山の夜景&船内レストランの焼肉定食でもどうぞ
この焼肉定食 1000円はまったく期待していなかったけれど
味付けが韓国風で美味しく、量もあり満足でした!
辛いものばかり食べていたので味噌汁が日本人の胃には優しかった。



出港してから博多港に接岸する6時くらいまで熟睡。
ということで、午前7時半に下船。長い船旅お疲れ様でした。


at 21:44, , 行ったこと in Busan

-, -, pookmark

1日中、西面で遊ぶ! - 釜山

2日目 2月11日 日曜日 (2/3)

韓国の看板の日本語表記はちょっとほくそ笑んでしまう。
「ツ」と「シ」、「ン」と「ソ」はかなり難易度が高い。



写真はカシ丼。ちゃんぽんは「チャソポソ」とか

そして、選挙中だった釜山の町には立候補者の写真が。



釜山市教育長選挙立候補者写真featuring No.5
高層ビルの窓にも立候補者の写真



西面市場は、食の宝庫。
特に参鶏湯やデジクッパの店がたくさん!次は食べてみたい。

ミリオレは韓国のメジャーなファッションビル。
ソウルのミリオレ東大門は深夜4時半まで営業していて有名!
ミリオレ西面はとにかく広い、お気に入りのアイテムがココにはあるかも
靴なら靴がズラーっと揃っていて、でも深夜まで営業しているので
午前中はお店の人が居なかったり寝てたりするかも。



バットマンやスパイダーマンまで駆けつける騒ぎ。
全長402m×2列もある大賢地下商店街も人でいっぱい。




この日2度目の食事は、鶏肉を炭火で炙り、唐辛子ベースの
甘辛いタレで絡めたものに韓国海苔とレッドキャベツなどの野菜を
ご飯と混ぜて食べるビビンバの進化系のようなもの。
香ばしさがなかなか旨い。2人前入っていて8000W


at 20:34, , 行ったこと in Busan

-, -, pookmark

地下鉄に乗って西面へ - 釜山

2日目 2月11日 日曜日 (1/3)

朝目覚めると、雲ひとつない晴天!
真っ青なそらに白い釜山タワーが映えている。



朝食にあわびのお粥でも、と思ったけれど
意外と高いので昨日のドーナツとコンビニで買ったコーヒーで済ます。

昨日の19時頃チェックインしたのに、10時前には
チェックアウト。着替えなどが入った大きな荷物を
地下鉄 中央洞駅のコインロッカーに…
ん?100W硬貨が10枚も必要!?
ということで慌ててコンビニに駆け込み小銭を作り
なんとか、切符も購入し西面へ 1人 1100W



地下鉄の駅構内には毒ガスマスク。



テロなどに備えるためだろう、平和な釜山の街だけど
北朝鮮とは休戦状態にあることを改めて実感させられる。

西面駅は1号線と2号線が交差するターミナル駅
しかし、時間が早すぎるためかまだ人もまばら。

ロッテ百貨店 釜山店8階にあるロッテ釜山免税店へ。



1フロアだけれどとても広いので十分な品揃え。
といっても、ブランド物には興味のない2人なので
ヨン様の(ポスターの)隣で個人的に記念撮影を行って
デパートの地下1階にあるフードコミュニケーションで
咸興冷麺 5000Wを食べる。



ソウルもだけど、ロッテ百貨店のフードコートは
冷麺もビビンバもふつうに美味しい。

そして、ロッテ百貨店ぐらいにしかない名家チョサリ(岩海苔)
を買う。これは香りといい味といい絶品!



ロッテ百貨店を後にし、どうしても食べたかった
プルナンホットクの屋台を見つけたので行列に並んで買う。



1個 500W
ホットクという揚げパンのような生地に黒蜜が入っていて
シナモンとかぼちゃの種やナッツ、レーズンが載っています。
これが癖になる美味しさ。並んででも食べる価値ありです。
結局、数時間後にまた並んでもう1度食べました。
日本語で「美味しくお召し上がりくださ〜い」と言ってくれます。

at 14:16, , 行ったこと in Busan

-, -, pookmark

さあ、釜山へ - 釜山

1日目 2月10日 土曜日 (3/3)

ガイドブックも持たずに出たので、まずは案内所で地図をゲット。
両替は釜山銀行で1万円が75000W。数年前より確実にウォンが強い。



ホテルは飛び込みで釜山観光ホテル 94380W 定価は145000W。
事前に予約してれば2万Wくらい安く泊まれるのはわかってたけど
3連休初日に部屋が取れただけでも良かった。
旧館だったけれど、寝るだけなら立地を加味して合格点。



荷物を置いて歩いて南浦洞へ。夜遅くまで相変わらすの賑わい。



夕食はたまたま入ったイイダコや葱などの野菜、トック(餅)
などを唐辛子とコチュジャンで炒めた料理、ナクチポックン。
これが辛くてめちゃくちゃ旨い。ご飯と7種類の副菜も付いて
1人前6000W、安い。




ナクチポックンを食べた後、屋台でトッポッキ、オデンなどと
一緒に売っているパジョン(チヂミ)が目に入る。



1枚 1500W。ニラとネギのシンプルなパジョンはビニール袋に
包まれた皿に雑に切り分けられ壷に入ったタレに漬けてながら…
食べていると、隣で食べている常連さんのようなおじさんに日本語が
5%くらい含んだ韓国語でしゃべりかけられるもののよくわからない…
おじさんは「ここの屋台が一番だよ」ってことと、
後から現れた「奥さんが一番だよ」みたいなことを上機嫌に話して、
名前も知らない日本人の僕にクンマンドゥーをごちそうしてくれた!



クンマンドゥーは厚めの餃子の皮に豚まんの具が入っているような感じで
美味しい。そうそう、「韓国のオリジナル」って事も言ってた。

最後に食べたのは光復路で韓国の若い女性でいっぱいだったドーナツ店
"Krispy Kreme Doughnuts"のオリジナルグレーズド 1000W
ふわふわな食感で口の中で解けてしまうようなドーナツ。
なぜか2個持ち帰りをすると別に2個手渡しでくれた。

ドーナツは釜山のあちこちで見かける、いま流行っているのかも。


at 11:19, , 行ったこと in Busan

-, -, pookmark

出港 - 釜山

1日目 2月10日 土曜日 (2/3)

ニューかめりあは定刻より早く12時15分すぎに離岸。
博多港を抜け壱岐・対馬を左手に釜山港に向かう。



船内にはサロンやレストラン、飲み物や軽食などの自販機、
テレビシアターやゲームコーナー、展望風呂まである。
自販機は良心的な価格なので買い込まなくても大丈夫。
ビールは免税価格だし。
2等室は定員11名の部屋になっていて、ゴロ寝ではあるものの
横になると頭の部分に隣人との仕切ができるので
想像していたよりもずっと居心地がいい。



大型船だし、フィンスタビライザーも付いているから
揺れないだろうと高を括っていたのが甘かった…
居心地が良かったのも束の間、最初は気にならなかった
揺れとエンジンの振動も2時間ほどで気分が悪くなってきた。
もともと船酔いをしやすい体質なのに酔い止めを飲んでいなかった。
そして船内で酔い止めを買おうとすると何故か優しく
「飲まない方がいい」と2人の乗務員に止められる。

(乗りなれている人だったら気にならない程の揺れのはず…)

が、いい加減吐き気が催したので制止を振り切り薬を買い、飲むと
眠気を催し2時間ほど寝ていると釜山港までわずかの距離に近づいた。

防波堤を越えると「PILOT」と書かれた船がニューかめりあに近づき
水先案内人が乗り込み釜山港へと船を誘導する。



定刻より10分早く17:50分に釜山港国際旅客ターミナルに接岸。
入国審査とセキュリティーチェック、税関申告書を渡すと釜山に無事入国。

at 11:02, , 行ったこと in Busan

-, -, pookmark