<< 出港 - 釜山 | main | 地下鉄に乗って西面へ - 釜山 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

さあ、釜山へ - 釜山

1日目 2月10日 土曜日 (3/3)

ガイドブックも持たずに出たので、まずは案内所で地図をゲット。
両替は釜山銀行で1万円が75000W。数年前より確実にウォンが強い。



ホテルは飛び込みで釜山観光ホテル 94380W 定価は145000W。
事前に予約してれば2万Wくらい安く泊まれるのはわかってたけど
3連休初日に部屋が取れただけでも良かった。
旧館だったけれど、寝るだけなら立地を加味して合格点。



荷物を置いて歩いて南浦洞へ。夜遅くまで相変わらすの賑わい。



夕食はたまたま入ったイイダコや葱などの野菜、トック(餅)
などを唐辛子とコチュジャンで炒めた料理、ナクチポックン。
これが辛くてめちゃくちゃ旨い。ご飯と7種類の副菜も付いて
1人前6000W、安い。




ナクチポックンを食べた後、屋台でトッポッキ、オデンなどと
一緒に売っているパジョン(チヂミ)が目に入る。



1枚 1500W。ニラとネギのシンプルなパジョンはビニール袋に
包まれた皿に雑に切り分けられ壷に入ったタレに漬けてながら…
食べていると、隣で食べている常連さんのようなおじさんに日本語が
5%くらい含んだ韓国語でしゃべりかけられるもののよくわからない…
おじさんは「ここの屋台が一番だよ」ってことと、
後から現れた「奥さんが一番だよ」みたいなことを上機嫌に話して、
名前も知らない日本人の僕にクンマンドゥーをごちそうしてくれた!



クンマンドゥーは厚めの餃子の皮に豚まんの具が入っているような感じで
美味しい。そうそう、「韓国のオリジナル」って事も言ってた。

最後に食べたのは光復路で韓国の若い女性でいっぱいだったドーナツ店
"Krispy Kreme Doughnuts"のオリジナルグレーズド 1000W
ふわふわな食感で口の中で解けてしまうようなドーナツ。
なぜか2個持ち帰りをすると別に2個手渡しでくれた。

ドーナツは釜山のあちこちで見かける、いま流行っているのかも。


at 11:19, , 行ったこと in Busan

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 11:19, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark